​エネルギー・電磁波・粒子線

エネルギー

エネルギーとは、燃料並びに熱(燃料を熱源とする熱に代えて使用される熱であつて政令で定めるものを除く。)及び電気(燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気に代えて使用される電気であつて政令で定めるものを除く。)をいいます(エネルギーの使用の合理化等に関する法律2条1項)。

燃料

燃料とは、原油及び揮発油、重油その他経済産業省令で定める石油製品、可燃性天然ガス並びに石炭及びコークスその他経済産業省令で定める石炭製品であつて、燃焼その他の経済産業省令で定める用途に供するものをいいます(エネルギーの使用の合理化等に関する法律2条2項)。

化石燃料

化石燃料とは、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される燃料をいいます(エネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律2条2項)。

油とは,原油、重油、潤滑油その他の蒸発しにくい油で政令で定めるものをいいます(船舶油濁損害賠償保障法2条3号)。

油とは,原油、重油、潤滑油、軽油、灯油、揮発油その他の国土交通省令で定める油及びこれらの油を含む油性混合物(国土交通省令で定めるものを除く。)をいいます(海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律3条2号)。

燃料油

燃料油とは,油のうち、船舶の運航のための燃料として用いられるものをいいます(船舶油濁損害賠償保障法2条3号の2)。

化石エネルギー原料

化石エネルギー原料とは、化石燃料のうち、燃料製品の原料であってエネルギー源となるものをいいます(エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律2条5項)。

バイオ燃料

バイオ燃料とは、農林漁業有機物資源を原材料として製造される燃料(単なる乾燥又は切断その他の主務省令で定める簡易な方法により製造されるものを除く。)をいいます(農林漁業有機物資源のバイオ燃料の原材料としての利用の促進に関する法律2条2項)

電気

社会経済活動の基盤となるエネルギーの一つ。電気に係る法定計量単位については、計量法に定めがある(三)。また、電気の供給については、その公益性に鑑み、電気事業法によって事業規制等が行われている。なお、電気は無体物であるが、刑法上、窃盗罪の適用については財物とみなされる(二四五)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

再生可能エネルギー電気

再生可能エネルギー電気とは、再生可能エネルギー発電設備を用いて再生可能エネルギー源を変換して得られる電気をいいます電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法2条2項)

原子力

原子力とは、原子核変換の過程において原子核から放出されるすべての種類のエネルギーをいいます(原子力基本法3条1号)。

電磁波又は粒子線

電波

電波とは、三百万メガヘルツ以下の周波数の電磁波をいいます(電波法2条1号)。

地上放射等電磁波

地上放射等電磁波とは,地表若しくは水面(これらに近接する地中又は水中を含む。)又はこれらの上空に存在する物により放射され、又は反射された電磁波をいいます(衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律2条2号)。

放射線

放射線とは、電磁波又は粒子線のうち、直接又は間接に空気を電離する能力をもつもので、政令で定めるものをいいます原子力基本法3条5号)。

放射線

放射線とは、次に掲げる電磁波又は粒子線をいいます(診療放射線技師法2条1項)。

一 アルフア線及びベータ線

二 ガンマ線

三 百万電子ボルト以上のエネルギーを有する電子線

四 エツクス線

五 その他政令で定める電磁波又は粒子線

ホーム  >  用語集  >  エネルギー・電磁波・粒子線

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.