​判断・心証・吟味

ホーム  >  用語集  >  判断・心証・吟味

判断

一般に、物事の真偽、善悪などを考え定めること(警職二①等)。

法令上は、①訴訟事件の審理において、事案の明確でない事項につき、裁判所がこれを確定する場合に用いられる(民訴一一四②・三三八①、刑訴四〇五等)ほか、②当事者間の民事上の紛争を解決するため仲裁契約に基づいて仲裁人が行う仲裁判断などがある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

自由な判断

刑事訴訟法318条にいう「自由な判断」とは,論理や経験則に基づいた合理的な心証形成のことをいいます(刑事訴訟法318条,『有斐閣アルマ 刑事訴訟法(第5版)』(有斐閣,2017年))。最判昭和23年11月16日刑集第2巻12号1549頁は,「元来証拠の取捨選択並に事実の認定は、原審の専権に属することであつてその間に経験則に反することのない限り、上告審に於て、これを違法として破毀することはできない。」と判示し,採証から犯罪事実の認定に至るまでの過程に於て経験則に反することがある場合には,違法となることを確認しました。

心証

訴訟において、事実認定に関する裁判官の内心的判断のこと。心証形成の仕方、すなわち証拠の証明力の評価については、原則として裁判官の合理的な判断作用に委ねられている(自由心証主義)。もっとも、刑事訴訟において有罪の判決をするためには、合理的な疑いをいれない程度にまで至ることが要求される。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

吟味(証拠の)

吟味とは,証拠について,他の客観的事実と符合するかどうか、合理的であるかどうか等について十分に検討し、その真実性について判断することをいいます(犯罪捜査規範173条2項)。

投資判断

投資判断とは,投資の対象となる有価証券の種類、銘柄、数及び価格並びに売買の別、方法及び時期についての判断又は行うべきデリバティブ取引の内容及び時期についての判断をいいます(金融商品取引法2条8項11号ロ)。​

裁判

通常は、司法機関である裁判所又は裁判官が具体的事件についてする公権的な判断。訴訟事件の本案に関する判断はもとより、訴訟に付随しこれから派生する事項についての判断も含まれる。判決、決定及び命令の三種類がある。なお、両議院がその議員の資格に関する争訟について判断する場合及び弾劾裁判所が判断する場合にも、裁判という語が用いられる。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

決定

広くは、国や公共団体の機関が疑義のある事項等について一定の判断を与えること。
①訴訟法上は、裁判所が民事、刑事の手続において口頭弁論を経ることを要せずになし得る裁判をいい(民訴八七①但、刑訴四三②)、これを経てする判決や裁判官がする命令と対比される。
②行政不服審査法上は、異議申立てに対して審査庁がする判断行為をいう(四七)。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

審判

①一般的には、国の行政機関が準司法的手続によって法令を適用する作用。例えば、公正取引委員会の審決手続、特許に関する審決手続がそれ。準司法的手続によって行われるために実質的証拠法則が認められることがある。

②家庭裁判所が家事事件等についてする手続。
③訴訟における審理及び裁判を合わせて審判と呼ぶことがある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

​1.図解六法

dropbox リンク先

2.法曹に関する制度

1.法曹養成制度

 「法曹養成制度」のまとめ

 1.2.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 1.2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 1.3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

2.その他法曹に関する制度に関して

4.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.