​法曹

ホーム  >  用語集  >  法曹

法曹

広義には、法の実務家及び法学者の総称として用いられることもあるが、一般的には、司法制度の担い手、特に裁判官、検察官及び弁護士の三者の総称。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

法曹三者

日常用語としては、単に法律の専門家をいうこともあるため、裁判官、検察官または弁護士を指すことを明確にしたい場合は、「法曹三者」ということもあります。法令上、法曹を明確に定義したものはありませんが、法曹の中心が「法曹三者」であることを前提として、法曹という用語が用いられている法令があります(法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律2条参照)。

準法曹

「法曹」を裁判官、検察官または弁護士の三者を指すという狭義の定義を前提に、司法書士、弁理士、税理士、行政書士等を加えて、「準法曹」ということもあります(日本学術会議「法科大学院の創設と法学教育・研究の将来像」(日本学術会議,2005年)10頁)。なお、「準法曹」と類似の用語として、司法書士など、法律により他人の法律事務を取り扱うことを業とすることができる者であって、弁護士及び弁護士法人以外の者を、法令上、「隣接法律専門職者」といいます(総合法律支援法1条)。

実務法曹・研究法曹・在野法曹

その他、広義の定義を前提に、法の実務家を「実務法曹」、法学者を「研究法曹」、と言い分けることもあります。弁護士のことを特に「在野法曹」ともいいます。

法曹の役割

法曹の果たすべき役割については、比喩的に「国民の社会生活上の医師」と言われています(司法制度改革審議会「司法制度改革審議会意見書ー21世紀の日本を支える司法制度ー」(首相官邸、平成13年6月12日 報告,2001年)​​)。

​☞「法曹養成制度改革」のまとめ

​1.図解六法

dropbox リンク先

2.法曹に関する制度

1.法曹養成制度

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.2.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 1.2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 1.3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

2.その他法曹に関する制度に関して

4.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.