​評価・評定

ホーム  >  用語集  >  評価・評定

政策評価

政策評価とは,政策について、適時に、その政策効果を把握し、これを基礎として、必要性、効率性又は有効性の観点その他当該政策の特性に応じて必要な観点から,当該政策を所掌する行政機関自らが行う評価をいいます(行政機関が行う政策の評価に関する法律3条2項・1項)

人事評価

国家公務員について、任用、給与、分限その他の人事管理の基礎とするために、職員がその職務を遂行するに当たり発揮した能力及び挙げた業績を把握した上で行われる勤務成績の評価(国公一八の二①)。職員の昇任及び転任は人事評価に基づき行うものとされ(五八①)、所轄庁の長は、定期的に人事評価を行わなければならない(七〇の三①)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

人事評価

人事評価とは,任用、給与、分限その他の人事管理の基礎とするために、職員がその職務を遂行するに当たり発揮した能力及び挙げた業績を把握した上で行われる勤務成績の評価をいいます(国家公務員法18条の2第1項,地方公務員法6条1項)。

人事評価

人事評価とは,任用、給与、分限その他の人事管理の基礎とするために、国会職員がその職務を遂行するに当たり発揮した能力及び挙げた業績を把握した上で行われる勤務成績の評価をいいます(国会職員法3条の2第1項)。

人事評価

人事評価とは,隊員がその職務を遂行するに当たり発揮した能力及び挙げた業績を把握した上で行われる勤務成績の評価をいいます(自衛隊法31条3項)。

​資産評価

貸借対照表や財産目録に掲げる資産に価額をつけること。その種類としては、資産に取得価額又は製作価額をつける原価主義、資産の交換価値に着目する時価主義のほか、時価以下主義、低価主義等がある。これらのうちいかなる基準によるかは、貸借対照表の作成目的や企業の形態によって異なる。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

不動産の鑑定評価

不動産の鑑定評価とは、不動産(土地若しくは建物又はこれらに関する所有権以外の権利をいう。)の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することをいいます(不動産の鑑定評価に関する法律2条1項)。

​評定

一般に、一定の基準に従って事物の価値、品位などを評価し、定めること。例、「勤務成績の評定」(地公四〇)。

​1.図解六法

dropbox リンク先

2.法曹に関する制度

1.法曹養成制度

 「法曹養成制度」のまとめ

 1.2.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 1.2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 1.3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

2.その他法曹に関する制度に関して

4.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.