​情報・データ・データベース

ホーム  >  用語集  >  情報・データ・データベース

情報

符号

符号とは,文字,番号,記号その他の情報をいいます(「文字、番号、記号その他の符号」個人情報の保護に関する法律2条2項柱書など),「符号その他の情報」(不動産登記法​2条14号)参照)。

プログラム言語

プログラム言語とは,プログラムを表現する手段としての文字その他の記号及びその体系をいいます(著作権法10条3項1号)。

データ

データとは,電磁的記録に記録された情報をいいます(官民データ活用推進基本法2条1項参照)。

データベース

データベースとは,論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいいます(著作権法2条10号の3)。

ビッグデータ

ビッグデータとは,構造化データと非構造化データを合わせたものをいいます(総務省「ビッグデータの概念」)。

コラムー個人情報ー

個人情報

個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、次の各号のいずれかに該当するものをいいます(個人情報の保護に関する法律2条1項)。

一 当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)

二 個人識別符号が含まれるもの

個人に関する情報

個人に関する情報とは、暗号化等によって秘匿化されているかどうかを問わず,氏名、住所、性別、生年月日、顔画像等個人を識別する情報に限られず、個人の身体、財産、職種、肩書等の属性に関して、事実、判断、評価を表す全ての情報(評価情報、公刊物等によって公にされている情報や、映像、音声による情報も含む。)をいいます(個人情報保護委員会「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編) 」)。

要配慮個人情報

要配慮個人情報とは、本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報をいう。

コラムー符号の例ー

電子メールアドレス

電子メールアドレスとは,電子メールの利用者を識別するための文字、番号、記号その他の符号をいいます(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律2条3号)。

ドメイン名

ドメイン名とは、インターネットにおいて、個々の電子計算機を識別するために割り当てられる番号、記号又は文字の組合せに対応する文字、番号、記号その他の符号又はこれらの結合をいいます(不正競争防止法2条9項)。

コラムー情報成果物ー

情報成果物

情報成果物とは、次に掲げるものをいいます(下請中小企業振興法2条3項,下請代金支払遅延等防止法2条6)。

一 プログラム

二 映画、放送番組その他影像又は音声その他の音響により構成されるもの

三 文字、図形若しくは記号若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合により構成されるもの

四 前三号に掲げるもののほか、これらに類するもので政令で定めるもの

プログラム

プログラムとは、電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように組み合わされたもの(不正競争防止法2条8項),又は,電子計算機を機能させて一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したものをいいます著作権法2条1項10号の2)。

コンテンツ

コンテンツとは、映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラムであって、人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをいいますコンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律2条1号)。