​会議・パーティー

ホーム  >  用語集  >  ​会議・パーティー

会議

会議とは,関係者が集まって一定の事項について意見を交換し相談すること,また、その会合、その機関のことをいう。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

コラムー催し・催物・パーティー

立食パーティー

立食パーティーとは,飲食物が提供される会合であって立食形式で行われるものをいいます(国家公務員倫理規程3条2項2号,自衛隊員倫理規程3条2項2号)。

政治資金パーティー

政治資金パーティーとは,対価を徴収して行われる催物で、当該催物の対価に係る収入の金額から当該催物に要する経費の金額を差し引いた残額を当該催物を開催した者又はその者以外の者の政治活動(選挙運動を含む。これらの者が政治団体である場合には、その活動)に関し支出することとされているものをいいます政治資金規正法8条の2)。

展覧会

展覧会とは,美術品を公衆の観覧に供するための催しで、次に掲げる施設において行われるものをいいます(展覧会における美術品損害の補償に関する法律2条2号)。

イ 独立行政法人国立美術館が設置する美術館

ロ 独立行政法人国立文化財機構が設置する博物館

ハ イ及びロに掲げるもののほか、博物館又は博物館法29条の規定により博物館に相当する施設として指定された施設

​コラムー内閣の会議ー

閣議

閣議とは,内閣の会議をいい,内閣総理大臣及びその他の国務大臣で構成されます(内閣法4条参照)。閣議には,閣議の案件について説明を行ったり、閣議運営上の庶務に従事したりする等のために、内閣官房副長官(政務担当と事務担当)と内閣法制局長官が陪席します(首相官邸「内閣制度と歴代内閣 閣議」参照)。

閣議によって,内閣という合議体の意思が決定されます(同法4条1項)。

1-1.閣議における内閣の意思決定の種類

実務上,閣議に付議された案件に対する内閣の意思決定は,「閣議決定」、「閣議了解」に分類されます。「閣議決定」は、合議体である内閣の意思を決定するものについて行われるものです。また「閣議了解」は、本来、ある主任の大臣の権限により決定し得る事項に属するものであるが、事柄の重要性にかんがみ、他の国務大臣の意向をも徴することが適当と判断されるものについて行われるものです。

なお,閣議に付議された案件の処理の方法として,「閣議報告」があるが、これは内閣の意思決定ではなく,「閣議報告」は、主要な審議会の答申等を閣議に披露するような場合等に行われるものです(以上,首相官邸「内閣制度と歴代内閣 閣議」参照)。

1-2.閣議の種類

1-2-1.定例閣議

閣議は、原則として、毎週火曜日と金曜日に総理官邸の閣議室において午前10時から開催されます(ただし、国会開会中は、国会議事堂内の閣議室において午前9時から開催されることとなっています)。このように原則として定例日に開催される閣議は「定例閣議」と呼ばれます。

1-2-2.臨時閣議

緊急を要する場合には、日時にかかわらず臨時に開催されることがあり、これを「臨時閣議」といいます。

1-2-3.持ち回り閣議

早急な処理を要する案件については、閣議書を持ち回って各大臣の署名(花押)を求め、それによって閣議決定が行われることがあり、これを「持ち回り閣議」といいます(以上,首相官邸「内閣制度と歴代内閣 閣議」参照)。

1-3.閣議の議事の公開

閣議において、各大臣の隔意のない意見の交換を望む関係上、閣議の議事は非公開とされていましたが,平成26年4月以降の閣議については、「閣議等の議事の記録の作成及び公表について(平成26年3月28日閣議決定)」により、議事の記録を作成し、閣議から概ね3週間後に首相官邸ホームページにおいて公開されています。また、閣議の概要については、内閣官房長官の記者会見において発表されることになっています(以上,首相官邸「内閣制度と歴代内閣 閣議」参照)。