​管理・監理・監督

ホーム  >  用語集  >  管理・監理・監督

管理

①事業を経営し、又は施設等の維持、使用関係の規整を行うなどの、国、地方公共団体の作用。例えば、「道路等公物、営造物の管理」。
②公の財産の取得、維持、保存、運用等。例えば、「国有財産の管理」、「物品管理」、「債権の管理」。
③主任の大臣等の権限が、外局等の下級機関との関係において、「所轄」の場合よりも立ち入って行われ得る関係を表す。
④公権力によって、「統制」より強度の規律を行うこと。例えば、食糧管理法(昭一七法四〇、平七廃止)の「食糧管理」。
⑤ある事務の目的に従って処理、執行すること。例えば、「選挙事務の管理」。
④私法上は、財産、権利等について、その性質を変更しない範囲内での保存、利用、改良を目的とする行為(不在者の財産の管理等)、又は他人の事務について、その内容を現実化する手続としてする行為(事務管理)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

国有財産の管理

国有財産の管理とは,国有財産の取得、維持、保存及び運用をいいます(簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律60条1項3号,国有財産法1条)。

管理

管理とは,物品の取得、保管、供用及び処分をいいます(物品管理法1条)。

算定割当量の管理

算定割当量の管理とは,割当量口座簿を作成し、算定割当量の取得、保有及び移転をいいます(地球温暖化対策の推進に関する法律43条1項)。

危機管理

危機管理とは,国民の生命、身体又は財産に重大な被害が生じ、又は生じるおそれがある緊急の事態への対処及び当該事態の発生の防止をいいます(国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律2条1項1号ハ)。

監理

人又は機関の行為を監視し、それが適正に行われるように管理、統制すること。例、「人事院は、職員に対する給与の支払を監理する」(国公一八①)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

 

工事監理

工事監理とは、その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認することをいいます(建築士法2条8項)。

経営管理

銀行による銀行グループの経営管理

銀行による銀行グループの経営管理とは,次に掲げるものをいいます(銀行法16条の3)。

一 銀行グループの経営の基本方針その他これに準ずる方針として内閣府令で定めるものの策定及びその適正な実施の確保

二 銀行グループに属する会社相互の利益が相反する場合における必要な調整

三 銀行グループの業務の執行が法令に適合することを確保するために必要なものとして内閣府令で定める体制の整備

四 前三号に掲げるもののほか、銀行グループの業務の健全かつ適切な運営の確保に資するものとして内閣府令で定めるもの

銀行持株会社による銀行持株会社グループの経営管理

銀行持株会社による銀行持株会社グループの経営管理とは、次に掲げるものをいいます(銀行法52条の21第4項・1項・2項)。

一 銀行持株会社グループの経営の基本方針その他これに準ずる方針として内閣府令で定めるものの策定及びその適正な実施の確保

二 銀行持株会社グループに属する会社相互の利益が相反する場合における必要な調整

三 銀行持株会社グループの業務の執行が法令に適合することを確保するために必要なものとして内閣府令で定める体制の整備

四 前三号に掲げるもののほか、銀行持株会社グループの業務の健全かつ適切な運営の確保に資するものとして内閣府令で定めるもの

信用金庫連合会による信用金庫連合会グループの経営管理

信用金庫連合会による信用金庫連合会グループの経営管理とは、次に掲げるものをいいます(信用金庫法54条の24)。

一 信用金庫連合会グループの経営の基本方針その他これに準ずる方針として内閣府令で定めるものの策定及びその適正な実施の確保

二 信用金庫連合会グループに属する信用金庫連合会及び会社相互の利益が相反する場合における必要な調整

三 信用金庫連合会グループの業務の執行が法令に適合することを確保するために必要なものとして内閣府令で定める体制の整備

四 前三号に掲げるもののほか、信用金庫連合会グループの業務の健全かつ適切な運営の確保に資するものとして内閣府令で定めるもの

信用協同組合連合会による信用協同組合連合会グループの経営管理

信用協同組合連合会による信用協同組合連合会グループの経営管理とは、次に掲げるものをいいます(協同組合による金融事業に関する法律4条の5)。

一 信用協同組合連合会グループの経営の基本方針その他これに準ずる方針として内閣府令で定めるものの策定及びその適正な実施の確保

二 信用協同組合連合会グループに属する信用協同組合連合会及び会社相互の利益が相反する場合における必要な調整

三 信用協同組合連合会グループの業務の執行が法令に適合することを確保するために必要なものとして内閣府令で定める体制の整備

四 前三号に掲げるもののほか、信用協同組合連合会グループの業務の健全かつ適切な運営の確保に資するものとして内閣府令で定めるもの

労働金庫連合会による労働金庫連合会グループの経営管理

労働金庫連合会による労働金庫連合会グループの経営管理とは、次に掲げるものをいいます(労働金庫法58条の6)。

一 労働金庫連合会グループの経営の基本方針その他これに準ずる方針として内閣府令・厚生労働省令で定めるものの策定及びその適正な実施の確保

二 労働金庫連合会グループに属する労働金庫連合会及び会社相互の利益が相反する場合における必要な調整

三 労働金庫連合会グループの業務の執行が法令に適合することを確保するために必要なものとして内閣府令・厚生労働省令で定める体制の整備

四 前三号に掲げるもののほか、労働金庫連合会グループの業務の健全かつ適切な運営の確保に資するものとして内閣府令・厚生労働省令で定めるもの

農林中央金庫による農林中央金庫グループの経営管理

農林中央金庫による農林中央金庫グループの経営管理とは,次に掲げるものをいいます(農林中央金庫法72条の2)。

一 農林中央金庫グループの経営の基本方針その他これに準ずる方針として主務省令で定めるものの策定及びその適正な実施の確保

二 農林中央金庫グループに属する農林中央金庫及び会社相互の利益が相反する場合における必要な調整

三 農林中央金庫グループの業務の執行が法令に適合することを確保するために必要なものとして主務省令で定める体制の整備

四 前三号に掲げるもののほか、農林中央金庫グループの業務の健全かつ適切な運営の確保に資するものとして主務省令で定めるもの

監督

人又は機関が、他の人又は他の機関の行為の合法性又は合目的性を監視し、必要に応じて指示、命令等をすること。例えば、内閣総理大臣及び各省大臣によるその下にある機関の権限行使の監督(憲七二等)、所管法人についての主務大臣の監督等がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

 

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.