​金額・価格・価額​

ホーム  >  用語集  >  金額・価格・価額​

金額​

元本極度額

元本極度額とは,保証人が履行の責任を負うべき主たる債務の元本の上限の額をいいます(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律5条の2第3項,利息制限法8条4項)。

払込金額

払込金額とは,募集優先出資一口と引換えに払い込む金銭をいいます(資産の流動化に関する法律39条2項)。

 

給付基礎日額

給付基礎日額とは、労働基準法第十二条の平均賃金に相当する額をいいます(労働災害補償保険法8条1項)。

休業給付基礎日額

休業給付基礎日額とは,休業補償給付又は休業給付の額の算定の基礎として用いる給付基礎日額をいいます(労働災害補償保険法8条の2第1項柱書)。

平均給与額

平均給与額とは,厚生労働省において作成する毎月勤労統計における毎月きまつて支給する給与の額を基礎として厚生労働省令で定めるところにより算定した労働者一人当たりの給与の一箇月平均額をいいます(労働災害補償保険法8条の2第1項2号)。

 

平均賃金

平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前三箇月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいいます(労働基準法12条1項

本文)。

価格

物の値段のこと。物の交換価値を貨幣で表示したもの。一般的・抽象的に物の金銭的価値を表すときに用いられる場合が多い。例、「物資の価格及び需給」(生活安定一)、「農産物の価格」(食農基三〇)など。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

価格

価格とは,適正な時価をいいます(地方税法341条5号)。

正常な価格

正常な価格とは、土地について、自由な取引が行なわれるとした場合におけるその取引(農地、採草放牧地又は森林の取引(農地、採草放牧地及び森林以外のものとするための取引を除く。)を除く。)において通常成立すると認められる価格(当該土地に建物その他の定着物がある場合又は当該土地に関して地上権その他当該土地の使用若しくは収益を制限する権利が存する場合には、これらの定着物又は権利が存しないものとして通常成立すると認められる価格)をいいます(地価公示法2条2項)。

約定価格

約定価格とは,当事者が商品についてあらかじめ約定する価格(一の商品の価格の水準を表す数値その他の一の商品の価格に基づいて算出される数値を含む。)をいいます(商品先物取引法2条3項2号)。

現実価格

現実価格とは,将来の一定の時期における現実の当該商品の価格をいいます(商品先物取引法2条3項2号)。

​価額

価格に相当する金額。具体的に特定した物や財産の金銭的価値を表すときに用いられる場合が多い。例、「遺留分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定する」(民一〇二九①)。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

再評価額

再評価額とは、再評価により事業用土地の帳簿価額が改定される場合における当該改定後の帳簿価額をいいます(土地の再評価に関する法律2条3項)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2019 図解六法.