​金銭・通貨・法貨・現金

ホーム  >  用語集  >  ​金銭・通貨・法貨・現金

金銭

財や給付の交換、取引を媒介する一般的価値尺度となるものとして国家から一定の価格を与えられたもの。強制通用力をもつ貨幣(法貨)だけでなく、取引上貨幣として通用する自由貨幣も含めて用いることが多い。通常、物としての個性のないものであり、即時取得の規定の適用はなく、奪われた金銭に対しては、債権的返還請求権しか成立しないと解されている(通説)。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

通貨

強制通用力の認められた支払手段。鋳造貨幣、紙幣及び銀行券の種類があるが(刑一四八)、現在発行されている通貨は、このうち貨幣(通貨四・七)及び銀行券(日銀四六)である。日本円を単位とする通貨を本邦通貨、これ以外の通貨を外国通貨という場合がある(外為法六①)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

通貨

通貨とは、貨幣及び日本銀行券をいいます(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律2条3項)。

本邦通貨

本邦通貨とは、日本円を単位とする通貨をいいます(外国為替及び外国貿易法6条1項3号)。

外国通貨

外国通貨とは、本邦通貨以外の通貨をいいます(外国為替及び外国貿易法6条1項4号)。

外貨

外貨とは,円貨以外の通貨をいいます(連合国財産補償法17条2項)。

法貨

無制限又は一定の範囲内において強制通用力を法律上与えられている通貨(貨幣及び日本銀行が発行する銀行券)。日本銀行が発行する銀行券は「法貨として無制限に通用する」とされ(日銀四六②)、貨幣は「額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」(通貨七)とされる。なお、「通貨」も一般的に流通する銀行券、貨幣をいうが、法律的な強制通用力という側面に重点を置いて捉える場合に「法貨」と呼ばれる。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

現金

実質的には、通貨と同様のものを指し、外国通貨である現金と本邦通貨である現金とに分けられる。具体的には、一般に通用力のある支払手段である鋳造貨幣、紙幣及び銀行券を含むが、小切手、郵便為替等は、通常は含まれない。法令用語としては、財政法二条に例がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

​金券

証券に表示された金額の価値を法律上当然に有するものと認められた証券。金額券ともいう。郵便切手、収入印紙等がその例。有価証券とは異なり、財産権を表章するものではなく、証券自体が表示された金額に相当する価値を認められるので、証券が滅失すればその価値も当然に消滅し、除権決定も認められない。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

​1.図解六法

dropbox リンク先

2.法曹に関する制度

1.法曹養成制度

 「法曹養成制度」のまとめ

 1.2.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 1.2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 1.3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

2.その他法曹に関する制度に関して

4.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.