​概算・精算・予算

ホーム  >  用語集  >  概算・精算・予算

概算

おおよその見積り。大体の計算。例、「各省各庁の長は、…経費の性質上前金又は概算を以(もっ)て支払をしなければ事務に支障を及ぼすような経費…については、前金払又は概算払をすることができる」(会計二二)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

​精算

概算に対する語。一定の事項についての正式な決定又は一定の行為の完了をまって、その決定又は行為に係る金額を精密に計算して確定すること。例えば、旅費等の費用を概算で前払しておき、事後に調整を行う場合に、この語が使われる。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

予算

一般には、一定期間における収入支出の見積りを意味するが、国、地方公共団体等の予算は、単なる見積りにすぎない歳入予算は別として、国、地方公共団体等に対し、支出又は債務負担の権限等を与えるものである。国の予算は国家活動の根幹であるので、憲法上、内閣にのみ提案権が認められるとともに、審議及び議決について衆議院の優越が認められている(憲八六・六〇、財三章)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

​1.図解六法

dropbox リンク先

2.用語集

4.法曹に関する制度

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

 司法試験用法文登載法令と参考文献

 その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

 テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

 法律情報提供サイトの一覧

 参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.