​利益・収益

ホーム  >  用語集  >  利益・収益

I. 利益

一般用語としては、広く、ためになること、役に立つこと、もうけ。
①多くの場合、経済的、物質的な利益として用いられる。例、「他人の財産又は労務によって利益を受け」(民七〇三)。なお、より狭義に、会社の純財産額から資本金額等を控除した差額という意味にも用いる。例、「利益の配当」(会社六二一)。
②経済上の利益にとどまらず、有形・無形な利益を包括的に含んだ意味で用いる。例、「公共の利益」(収用一)、「時効の利益」(民一四六)、「期限は、債務者の利益のために定めたものと推定する」(一三六①)。[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

信託報酬

信託報酬とは,信託事務の処理の対価として受託者の受ける財産上の利益をいいます(信託法54条1項)。

景品類

景品類とは、顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引(不動産に関する取引を含む。以下同じ。)に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、内閣総理大臣が指定するものをいいます(不当景品類及び不当表示防止法2条3項)。

株主共同の利益

株主共同の利益とは, 株主全体に共通する利益の総体をいいます(経済産業省 法務省企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」2)。

収益

資産の譲渡、役務の提供等の対価その他無償による資産の譲受けによる利益等、収受する一切の経済的利益。税法上は益金といっている。収益から費用を差し引いたものが利益又は所得である。[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

犯罪による収益

犯罪による収益とは、組織的犯罪処罰法第二条第四項に規定する犯罪収益等又は麻薬特例法第二条第五項に規定する薬物犯罪収益等をいいます(犯罪による収益の移転防止に関する法律2条1項)。

薬物犯罪収益

薬物犯罪収益とは、薬物犯罪の犯罪行為により得た財産若しくは当該犯罪行為の報酬として得た財産又は前項第七号に掲げる罪に係る資金をいいます(国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律2条3項)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.