​理由・根拠

ホーム  >  用語集  > 理由・根拠

理由

一般に、一定の判断又は決定をするに至った、そのよりどころとなる具体的根拠をいう。訴訟法上は、裁判の結論である主文を導き出すに至った経過についての事実上、法律上の具体的根拠又はその説示。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

判決理由

民事訴訟法上、判決の中で「事実及び争点」を前提として判決主文に到達する判断の過程を明らかにする部分。主文の結論に至るために必要な事実の認定と法令の適用がその内容となる。刑事訴訟法上も、判決には理由を付すことを要し、特に有罪判決には、罪となるべき事実、証拠の標目及び法令の適用をその理由中に示す必要がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

控訴理由

控訴を適法なものとする不服申立て理由。刑事訴訟法上は、民事訴訟と異なり、その事由を限定している。すなわち、第一審訴訟手続の法令違反、法令適用の誤り、刑の量定不当及び事実誤認(三七九~三八二)であって、判決に影響を及ぼすことが明らかであると認められるもの又は訴訟手続の法令違反のうち瑕疵(かし)が重大なもの等について、控訴理由としている(三八四)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

​上告理由

上告に当たっての原判決に対する不服申立ての理由。
民事訴訟では、原判決に憲法の解釈の誤りその他憲法の違反があること及び訴訟手続上の法令違反で一定の重要なもの(絶対的上告理由)が上告理由である(民訴三一二①②)。原判決に法令の違反がある旨の主張は、高等裁判所にする上告の場合は上告理由となり得る(三一二③)が、最高裁判所にする上告の場合は、一定の場合に上告受理申立ての理由となるにすぎず(三一八①)、上告理由とはならない。
刑事訴訟では、憲法違反、憲法解釈の誤り又は最高裁判所等の判例との相反が、原則的な上告理由である(刑訴四〇五)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]


 

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2019 図解六法.