採取・収取・没取・没収・押収・収集

ホーム  >  用語集  >  採取・収取・没取・没収・押収・収集

採取

本来の語義は、選び取ること。法令上は、自然の状態に置かれている植物、土石、鉱物などを自己の所持に移す意味に用いられることが多いが(国有林野の管理経営に関する法律一四、採石一)、同種の物のうちから一定数の物を選び取って自己にその占有(又は所有)を移すことをいう場合もある(税関係の法令等で「見本を採取」(関税一〇五①)等として用いられる)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

採尿

採尿とは,尿を採取することをいいます(最判昭和55年10月23日刑集第34巻5号300頁)。

強制採尿

強制採尿とは,尿を任意に提出しない被疑者に対し、強制力(通常はカテーテルを尿道に挿入して尿を採取する方法)を用いてその身体から尿を採取することをいいます(最判昭和55年10月23日刑集第34巻5号300頁)。

収取

ある事物を取り集めること。用例としては、犯則事件の証憑(しょうひょう)の集取(税犯一一)、検査のための種苗の集取(種苗六二)、検査のための農薬又はその原料の集取(農薬一三)等がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

 

没取

一定の物の所有権を剝奪してこれを国庫に帰属させる行政庁又は裁判所の処分。刑罰の一種である没収とは異なる。家庭裁判所が、少年審判事件に際して、刑罰法令に触れる行為を組成した物等について行う(少二四の二)等の保安処分として行われる場合と、裁判所が被告人の保釈を取り消す場合に、保証金の全部又は一部について行う(刑訴九六)等の保安処分以外の理由に基づくものとがある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

没収

物の所有権を剝奪して国庫に帰属させる処分を内容とする財産刑。主刑に付加して科される付加刑。没収できる物は、犯罪行為を組成した物、犯罪行為の用に供した物等である(刑一九)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

​押収

裁判所又は捜査機関が証拠物又は没収すべき物の占有を取得する刑事手続上の処分(刑訴九九以下等)。強制力をもって占有を取得する差押えと、任意に提出された物について占有を取得する領置とがあるが、裁判所の場合はこのほかに提出命令を行うこともできる。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

収集

分別収集

分別収集とは、廃棄物を分別して収集し、及びその収集した廃棄物について、必要に応じ、分別、圧縮その他環境省令で定める行為を行うことをいいます(容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律2条5項)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.