​製品・商品

ホーム  >  用語集  >  製品​・商品

製品

再生医療等製品

再生医療等製品とは、次に掲げる物(医薬部外品及び化粧品を除く。)であつて、政令で定めるものをいいます医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律2条8項)。

一 次に掲げる医療又は獣医療に使用されることが目的とされている物のうち、人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの

イ 人又は動物の身体の構造又は機能の再建、修復又は形成

ロ 人又は動物の疾病の治療又は予防

二 人又は動物の疾病の治療に使用されることが目的とされている物のうち、人又は動物の細胞に導入され、これらの体内で発現する遺伝子を含有させたもの

生物由来製品

生物由来製品とは、人その他の生物(植物を除く。)に由来するものを原料又は材料として製造をされる医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器のうち、保健衛生上特別の注意を要するものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいいます医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律2条10項)。

特定生物由来製品

特定生物由来製品とは、生物由来製品のうち、販売し、貸与し、又は授与した後において当該生物由来製品による保健衛生上の危害の発生又は拡大を防止するための措置を講ずることが必要なものであつて、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいいます医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律2条11項)。


希少疾病用再生医療等製品

希少疾病用再生医療等製品とは、同項の規定による指定を受けた再生医療等製品をいいます(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律2条16項後段)。

エネルギー環境適合製品

エネルギー環境適合製品とは、次に掲げるものをいいます(エネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律2条3項)。

一 非化石エネルギー源から電気若しくは熱を得るため、又は燃料を製造するために用いられる機器、装置又は設備であって、電気若しくは熱を得ること又は燃料を製造することを効率的に行うことができるものとして主務大臣が定めるもの

二 機械類であって、エネルギーの消費量との対比におけるその性能の向上の程度が高いと認められるものとして主務大臣が定めるもの(前号に掲げるものを除く。)

三 機械類であって、その使用に際してのエネルギーの消費に係る環境への負荷の程度が低いと認められるものとして主務大臣が定めるもの(前二号に掲げるものを除く。)

四 専ら前三号に掲げる製品に使用される主要な部分品として開発され、又は製造される物として主務大臣が定めるもの

五 専ら第一号から第三号までに掲げる製品とともに使用するために開発され、又は製造される機械類であって、当該製品の使用に必要なものとして主務大臣が定めるもの

 

ポリ塩化ビフェニル使用製品

ポリ塩化ビフェニル使用製品とは、ポリ塩化ビフェニル原液又はポリ塩化ビフェニルを含む油若しくはポリ塩化ビフェニルが塗布され、染み込み、付着し、若しくは封入された製品(これらのうち環境に影響を及ぼすおそれの少ないものとして政令で定めるものを除く。)をいいます(ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法2条3項)。

高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品

高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品とは、次に掲げる製品をいいます(ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法2条4項)。

一 ポリ塩化ビフェニル原液

二 ポリ塩化ビフェニルを含む油のうち、これに含まれているポリ塩化ビフェニルの割合が政令で定める基準を超えるもの

三 ポリ塩化ビフェニルが塗布され、染み込み、付着し、又は封入された製品のうち、ポリ塩化ビフェニルを含む部分に含まれているポリ塩化ビフェニルの割合が政令で定める基準を超えるもの

フロン類使用製品

フロン類使用製品とは、フロン類が冷媒その他の用途に使用されている機器その他の製品をいいます(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律2条2項前段)。

指定製品

指定製品とは、フロン類使用製品のうち、特定製品(我が国において大量に使用され、かつ、冷媒として相当量のフロン類が充塡されているものに限る。)その他我が国において大量に使用され、かつ、相当量のフロン類が使用されているものであって、その使用等に際してのフロン類の排出の抑制を推進することが技術的に可能なものとして政令で定めるものをいいます(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律2条2項後段)。

特定製品

特定製品とは、第一種特定製品及び第二種特定製品をいいます(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律2条5項)。

第一種特定製品

第一種特定製品とは、次に掲げる機器のうち、業務用の機器(一般消費者が通常生活の用に供する機器以外の機器をいう。)であって、冷媒としてフロン類が充塡されているもの(第二種特定製品を除く。)をいいます(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律2条3項)。

一 エアコンディショナー

二 冷蔵機器及び冷凍機器(冷蔵又は冷凍の機能を有する自動販売機を含む。)

第二種特定製品

第二種特定製品とは、特定エアコンディショナーをいいます(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律2条4項)。

特定エアコンディショナー

特定エアコンディショナーとは、自動車に搭載されているエアコンディショナー(車両のうち乗車のために設備された場所の冷房の用に供するものに限る。以下同じ。)であって、冷媒としてフロン類が充てんされているものをいいます(使用済自動車の再資源化等に関する法律2条8項)。

商品

商取引の対象となる物。主として動産であるが、不動産、有価証券等も商品となることがある。[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

指定商品

指定商品とは、定型的な条件で販売するのに適する商品であつて政令で定めるものをいいます(割賦販売法2条5項)。

商品

商品とは、次に掲げるものをいいます(商品先物取引法2条1項)。

一 農産物、林産物、畜産物及び水産物並びにこれらを原料又は材料として製造し、又は加工した物品のうち、飲食物であるもの及び政令で定めるその他のもの

二 鉱物その他政令で定める鉱物及びこれらを製錬し、又は精製することにより得られる物品

三 前二号に掲げるもののほか、国民経済上重要な原料又は材料であつて、その価格の変動が著しいために先物取引に類似する取引の対象とされる蓋然性が高いもの(先物取引又は先物取引に類似する取引の対象とされているものを含む。)として政令で定める物品

四 電力(一定の期間における一定の電力を単位とする取引の対象となる電力に限る。)

商品

商品とは、商品先物取引法第二条第一項に規定する商品のうち、法令の規定に基づく当該商品の価格の安定に関する措置の有無その他当該商品の価格形成及び需給の状況を勘案し、当該商品に係る市場デリバティブ取引により当該商品の適切な価格形成が阻害されるおそれがなく、かつ、取引所金融商品市場において当該商品に係る市場デリバティブ取引が行われることが国民経済上有益であるものとして政令で定めるものをいいます(金融商品取引法2条24項3号の2)。

上場商品

上場商品とは、商品取引所が一の商品市場で取引すべきものとして定款又は業務規程で定める一若しくは二以上の商品たる物品又は電力であつて、第九条若しくは第七十八条の許可又は第百五十五条第一項若しくは第百五十六条第一項の認可に係るものをいいます(商品先物取引法2条7項)。

取引対象商品

取引対象商品とは、商品市場における取引、外国商品市場取引若しくは店頭商品デリバティブ取引の対象となる商品又はこれらの取引の対象となる商品指数の対象となる商品をいいます(商品先物取引法2条27項)。

金融商品

金融商品とは、次に掲げるものをいいます(金融商品取引法2条24項)。

一 有価証券

二 預金契約に基づく債権その他の権利又は当該権利を表示する証券若しくは証書であつて政令で定めるもの(前号に掲げるものを除く。)

三 通貨

三の二 商品

四 前各号に掲げるもののほか、同一の種類のものが多数存在し、価格の変動が著しい資産であつて、当該資産に係るデリバティブ取引(デリバティブ取引に類似する取引を含む。)について投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定めるもの(商品先物取引法第二条第一項に規定する商品を除く。)

五 第一号若しくは第二号に掲げるもの又は前号に掲げるもののうち内閣府令で定めるものについて、金融商品取引所が、市場デリバティブ取引を円滑化するため、利率、償還期限その他の条件を標準化して設定した標準物

家庭用品

家庭用品とは、次に掲げる商品をいいます(家庭用品品質表示法2条1項)。

一 一般消費者が通常生活の用に供する繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち、一般消費者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、その品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの

二 前号の政令で定める繊維製品の原料又は材料たる繊維製品のうち、需要者がその購入に際し品質を識別することが著しく困難であり、かつ、同号の政令で定める繊維製品の品質に関する表示の適正化を図るにはその品質を識別することが特に必要であると認められるものであつて政令で定めるもの
 

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2019 図解六法.