​設備

ホーム  >  用語集  >  設備

​設備

普通は、機械、器具その他の建設物に備え付けられる物を意味する。場合によっては、広く土地や家屋等の建設物を含む意味に用いられることもあり、その具体的範囲については、各法令の内容に応じて定まる。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

建築設備

建築設備とは,建築物に設ける電気、ガス、給水、排水、換気、暖房、冷房、消火、排煙若しくは汚物処理の設備又は煙突、昇降機若しくは避雷針をいいます(建築基準法2条3号)。

再生可能エネルギー発電設備

再生可能エネルギー発電設備とは、再生可能エネルギー源を電気に変換する設備及びその附属設備をいいます(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法2条3項,農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律3条3項)。

電気通信設備

電気通信設備とは,電気通信を行うための機械、器具、線路その他の電気的設備をいいます(電気通信事業法2条2号)。

無線設備

無線設備とは、無線電信、無線電話その他電波を送り、又は受けるための電気的設備をいいます(電波法2条4号)。

無線設備

無線設備とは,電磁波を利用して、符号を送り、又は受けるための電気的設備及びこれと電気通信回線で接続した電子計算機をいいます(衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律2条2号)。

無線電信

無線電信とは、電波を利用して、符号を送り、又は受けるための通信設備をいいます(電波法2条2号)。

無線電話

無線電話とは、電波を利用して、音声その他の音響を送り、又は受けるための通信設備をいいます(電波法2条3号)。

携帯音声通信端末設備

携帯音声通信端末設備とは、電気通信設備のうち携帯音声通信を行うための無線局の無線設備をいいます(携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律2条4項)。

通話可能端末設備

通話可能端末設備とは、携帯音声通信端末設備であって携帯音声通信役務の提供に利用されている電気通信回線設備に接続され通話が可能なものをいいます(携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律2条5項)。

有線電気通信設備

有線電気通信設備とは、有線電気通信を行うための機械、器具、線路その他の電気的設備(無線通信用の有線連絡線を含む。)をいいます(有線電気通信法2条2項)。

電気通信回線設備

電気通信回線設備とは,送信の場所と受信の場所との間を接続する伝送路設備及びこれと一体として設置される交換設備並びにこれらの附属設備をいいます(電気通信事業法9条1項)。

廃油処理設備

廃油処理設備とは,廃油の処理(廃油が生じた船舶内でする処理を除く。)の用に供する設備をいいます(海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律3条14号括弧書き)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.