​社会

ホーム  >  用語集  >  ​社会

1.社会

持続可能な社会

持続可能な社会とは,健全で恵み豊かな環境を維持しつつ、環境への負荷の少ない健全な経済の発展を図りながら持続的に発展することができる社会をいいます(環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律1条)。

健康長寿社会

健康長寿社会とは,国民が健康な生活及び長寿を享受することのできる社会をいいます(健康・医療戦略推進法1条)。

消費者市民社会

消費者市民社会とは、消費者が、個々の消費者の特性及び消費生活の多様性を相互に尊重しつつ、自らの消費生活に関する行動が現在及び将来の世代にわたって内外の社会経済情勢及び地球環境に影響を及ぼし得るものであることを自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会をいいます(消費者教育の推進に関する法律2条2項)。

高度情報通信ネットワーク社会

高度情報通信ネットワーク社会とは、インターネットその他の高度情報通信ネットワークを通じて自由かつ安全に多様な情報又は知識を世界的規模で入手し、共有し、又は発信することにより、あらゆる分野における創造的かつ活力ある発展が可能となる社会をいいます(高度情報通信ネットワーク社会形成基本法2条)。

男女共同参画社会

男女共同参画社会とは,男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会をいいます(男女共同参画社会基本法2条1項参照)。

超スマート社会

超スマート社会とは、 必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、 性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会をいいます(第5期科学技術基本計画(平成28年1月22日 閣議決定)11頁)。

Society 5.0

Society 5.0とは、第5期科学技術基本計画で新しく掲げられた概念であって,狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く新たな経済社会であり、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させ、経済的発展と社会的課題の解決を両立し、人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる、人間中心の社会をいいます(第5期科学技術基本計画平成28年1月22日 閣議決定)11頁,科学技術イノベーション総合戦略2016(平成28年5月24日 閣議決定)3頁)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.