​措置

ホーム  >  用語集  >  措置

措置

①一般的には、物事を取り計らって始末をつけること。法令上用いられる場合には、ある問題に対する対策、施策等その問題を処理するためにとられるもろもろの手段をまとめていう場合が多い(育介一等)。「処置」が個々の事項の始末について用いられるのに対し、「措置」は、これを総体として表示し、又はその結末よりも手続の面に着眼して用いられることが多い。
②社会福祉において、対象者の施設入所等の給付の実施を行政機関の権限として決定すること。例、「市町村は、必要に応じて、次の措置を採ることができる」(老福一〇の四①)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

処置

①判断を下してその物事の取扱い方を決めること。法令の規定を適用した結果としての特定の処分、措置について始末をつけるという場合に用いられる(警職三②・四②等)。
②医療上の用語として、包帯の巻きかえ、薬の塗布、注射など、手術までには至らない手当等のこと(国公共済五四①)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

調停前の措置

調停前の措置とは,調停委員会が、調停のために特に必要があると認めるときにおいて、当事者の申立てにより、調停前の措置として行う、相手方その他の事件の関係人に対して、現状の変更又は物の処分の禁止その他調停の内容たる事項の実現を不能にし又は著しく困難ならしめる行為の排除をいいます(民事調停法12条)。

​​調停前の処分

調停前の処分とは,調停委員会(急迫の事情があるときは、調停委員会を組織する裁判官)が、家事調停事件が係属している間、調停のために必要であると認める処分をいいます(家事事件手続法266条1項・2項)。

処理

①物事を取りさばいて始末すること。「日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律」(平一〇法一三六)などの法令の題名、各種機関の名称等に用いられる。②事務、事件を取りさばくこと。「外交関係を処理する」(憲七三)などのほか、行政機関等がその所掌事務を規定する場合に多く用いられる。③具体的なある物を現実に始末すること。終末処理場(下水道二)、汚物処理場(建基二)などの例がある。[有斐閣 法律用語辞典 第4版]


 

​整理

一般には、物事を整えおさめること。国等の機関や職員の所掌事務又は職務の内容を表す「省務・庁務・局務の整理」のほか、不要なものを取り除いて一定の範囲内に整えることを意味する「行政整理」、仕訳して整える意の「区画整理」など各種の用語例がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.