​相談・交渉

ホーム  >  用語集  >  相談・交渉

​相談

消費生活相談

消費生活相談とは,消費生活に関する消費者と事業者との間に生じた苦情に係る相談をいいます(消費者契約法13条3項5号イ)。

消費生活相談

消費生活相談とは,第八条第一項第二号イ及びロ又は第二項第一号及び第二号の規定に基づき都道府県又は市町村が実施する事業者に対する消費者からの苦情に係る相談及びあっせんをいいます(消費者安全法10条の3第1項)。

イ 事業者に対する消費者からの苦情に係る相談のうち、その対応に各市町村の区域を超えた広域的な見地を必要とするものに応じること。

ロ 事業者に対する消費者からの苦情の処理のためのあっせんのうち、その実施に各市町村の区域を超えた広域的な見地を必要とするものを行うこと。

一 消費者安全の確保に関し、事業者に対する消費者からの苦情に係る相談に応じること。

二 消費者安全の確保に関し、事業者に対する消費者からの苦情の処理のためのあっせんを行うこと。

法律相談

弁護士、行政職員その他法的な知識を有する者が一般の消費者などに対して、不法行為の被害の救済等のため、無料又は低廉な対価で法的サービスを提供すること。学生等が関与しても無料であれば非弁活動の禁止には触れない。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

更生相談

①身体障害者福祉法に基づき、身体障害者の更生を援助し、その更生に必要な保護を行うために、都道府県又は市町村が行う相談業務。実施機関として、身体障害者更生相談所、福祉事務所、身体障害者相談員等がある(一一等)。
②知的障害者福祉法に基づき、知的障害者の更生を援助するとともに必要な保護を行うため、都道府県又は市町村が行う相談業務。実施機関として、知的障害者更生相談所、福祉事務所、知的障害者相談員等がある(一二等)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

交渉

当事者が、対等の立場において相互の利害関係事項に関し一定の結論を得るために協議、調整などの折衝を行うこと。国際関係では、「外交交渉」というように用いられ、国内法上は、労働関係法令で、「団体交渉」というように用いられる。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.