​送付・送達・送致・移送

ホーム  >  用語集  >  ​送付・送達・送致・移送

送付

書類その他の物を送り届けること。一議院から他議院への議案の送付(国会八三)、処分庁から審査庁への審査請求書の正本等の送付(行審一七②)等の例がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

​送達

訴訟法上、訴訟手続に必要な書類を法定の方式に従って当事者や訴訟関係人に交付し、又はこれらの者にその交付を受ける機会を与える行為。現行法は、職権送達主義を採る(民訴九八①、刑訴五四)。
行政法規にも右に準じた書類の送達の規定例がある(税通一二~一四)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

郵便

郵便とは,日本郵便株式会社又は契約により当該会社から郵便の業務の一部の委託を受けた者が,他人の信書(特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書をいう。)を送達することをいいます(郵便法4条2項参照)。

信書便

信書便とは、他人の信書を送達すること(郵便に該当するものを除く。)をいいます(民間事業者による信書の送達に関する法律2条2項)。

送致

被疑者又は少年、書類又は証拠物、事件等を検察官、家庭裁判所、少年院等に送り届けること。捜査、少年の保護処分、児童の福祉の措置等に関する手続として、刑事訴訟法、少年法、児童福祉法等で規定されている。「移送」が同種類の機関相互間で送り届けることを指すのに対し、送致は異種類の機関相互間で送り届けることを意味する。なお、投票箱・投票録等の送致等というときは、「送付」と同じ意味。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

逆送

​​逆送とは,家庭裁判所が,検察官から送致を受けた少年の被疑事件について,刑事処分を相当と認める場合に,検察庁の検察官に送致することをいいます(少年法20条,42条参照)。

​移送

訴訟法上は、訴訟事件の係属する裁判所がその裁判によって、その事件を他の裁判所へ移すこと(民訴一六、刑訴一九等)。
行政法上は、事件の処理に関し、同種類の機関相互間の権限の分配が定められている場合に、ある機関が他の機関に事件を移すこと(税通八六等)。
人の身体をある場所から他の場所に移動すること。例えば、所在国外移送目的の誘拐とか、在監の病者の病院への移送など(刑二二六等)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2019 図解六法.