創造・創造的破壊

ホーム  >  用語集  >  創造

創造

創造とは,これまでにない何かを産み出すことをいう。その対義語は,模倣である。

創造的破壊

創造的破壊とは,停滞する産業・商品に代わり新しい成長産業・商品が不断に登場する経済のダイナミズムであって,経済成長の源泉となるものをいいます(閣議決定「今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針」(首相官邸,2001年)参照)。

*コラム*

「創造せよ」という言葉が意味するところは何か?

 

創造とは,これまでにない何かを産み出すことをいう。しかし,考えてみると,宇宙誕生か「神による天地創造」といった場合以外は,すべて「これまでにある何か」の組み合わせにすぎず,「これまでにない何か」ではありえないのではないか。

では,どういった場合に「創造」したといえるか。

産み出されたものが「これまでにない何か」がであるかどうか,「創造」したといえるかどうかは,結局,人(自分も含む)の評価によって判定される必要がある。その意味で,「創造せよ」という言葉は,比喩的であり,その内容は,文脈に大きく依存するのである。

「創造せよ」という言葉自体には,あまり内容がない。
 

その言葉の役割は,「創造的破壊」などと言われるように,資本主義の本質を言い当てることであろう。資本主義というイデオロギーを支えるためのスローガンといってもいいかもしれない。

だが,その役割を超えて,会社経営者などが具体的な場面に応用する場合には,注意が必要であるように思われる。

 

まず,「創造」は,前述のように,評価に属する概念であるから,「創造せよ」という命令を実行しようとすると,まずもってどのような行為が創造的だと評価されるのか理解していなければならない。だが,それは必ずしも容易ではない。
 

より深刻な問題は、その命令者自身が、どのような行為が創造的であるかを評価する場合があり、その場合は、「創造せよ」という命令は、恣意的なものになるおそれがあることである。

​1.図解六法

dropbox リンク先

2.法曹に関する制度

1.法曹養成制度

 「法曹養成制度」のまとめ

 1.2.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 1.2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 1.3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

2.その他法曹に関する制度に関して

4.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.