倒産処理手続

ホーム  >  用語集  >  倒産処理手続

倒産

一般には、財産を使い果たすこと、又は破産と同義。特に、企業が経済的に破綻してつぶれる社会現象を指す。なお、民事法の講学上、破産法、民事再生法、会社更生法並びに会社法の特別清算に関する規定を包括して「倒産法」と呼び、これらの法律や規定による手続を「倒産手続」として一体的に取り扱うことがある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

国内倒産処理手続

国内倒産処理手続とは,日本国内で申し立てられた破産手続、再生手続、更生手続又は特別清算手続をいいます(外国倒産処理手続の承認援助に関する法律2条4号)。

破産手続

破産手続とは、次章以下(第十二章を除く。)に定めるところにより、債務者の財産又は相続財産若しくは信託財産を清算する手続ををいいます(破産法2条1項)。

 

再生手続

再生手続とは,次章以下に定めるところにより、再生計画を定める手続をいいます(民事再生法2条4号)。

外国倒産処理手続

外国倒産処理手続とは,外国で申し立てられた手続で、破産手続、再生手続、更生手続又は特別清算手続に相当するものをいいます(外国倒産処理手続の承認援助に関する法律2条1号)。

外国主手続

外国主手続とは,債務者が営業者である場合にあってはその主たる営業所がある国で申し立てられた外国倒産処理手続、営業者でない場合又は営業所を有しない場合にあっては、当該債務者が個人であるときは住所がある国で申し立てられた外国倒産処理手続、法人その他の社団又は財団であるときは主たる事務所がある国で申し立てられた外国倒産処理手続をいいます(外国倒産処理手続の承認援助に関する法律2条2号)。

 

外国従手続

外国従手続とは,外国主手続でない外国倒産処理手続をいいます(外国倒産処理手続の承認援助に関する法律2条3号)。

承認援助手続

承認援助手続とは,次章以下に定めるところにより、外国倒産処理手続の承認の申立てについての裁判並びに債務者の日本国内における業務及び財産に関し当該外国倒産処理手続を援助するための処分をする手続をいいます(外国倒産処理手続の承認援助に関する法律2条6号)。

強制換価手続

強制換価手続とは,滞納処分(その例による処分を含む。)、強制執行、担保権の実行としての競売、企業担保権の実行手続及び破産手続をいいます(国税通則法2条10号,国税徴収法2条12号)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2019 図解六法.