​割当て・配当

ホーム  >  用語集  >  ​​割当て・配当

割当て

法令上は、ある一定の数量のものを、複数の者に分割して、その帰属を決定することの意味で原則として用いられる。用例としては、株式の割当て(会社六〇)、委員の割当て(国会四六①)等がある。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

配当

一般的には、分配すること、分け与えること。法令上は、①会社等の営利団体が利益の処分として株主その他の出資者に利益を分配すること、②民事執行、破産手続において、差押財産、破産財団をもって複数の債権者の債権に割当弁済することの意味で用いられる。