​合意・同意・約束・約定・契約

ホーム  >  用語集  >  ​合意・同意・約束・約定・契約

合意

当事者の全員の意思が一致(合致)すること(民訴一一、刑訴三二七、建基七〇③等)。なお、類語の「同意」と異なり、当事者の一方が能動的で他方が受動的立場に立つことを必要としない。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

同意

他人の行為に賛成の意思を表示すること。ある行為がある人の同意を必要とするとされている例は法令に多く見られる。この場合に、同意を得ることなく行った行為は、取り消すことができるものなのか、効力を生じないものなのかなどについては、必ずしも一様でなく、法律の規定により異なる。例えば、未成年者が法定代理人の同意を得ないでした法律行為は取り消すことができるが(民五)、内閣総理大臣の同意を得ることなく国務大臣を訴追した場合には、その訴追は無効である(憲七五、刑訴三三八)。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

約束

相手に対し、又は互いに、取決めを行うこと。また、その取決めの内容。例、「賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたとき」(刑一九七の四)、「プログラム言語の用法についての特別の約束」(著作一〇③)。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

 

約定

当事者間の任意の合意により、一定の事項について取り決めること。「約定」は特に金額、利率、期間など数量で示される事柄について用いられることが多い。例、「約定利率」(民四一九①)、「損害賠償の額を約定する」(四四七②)、「法定又ハ約定ノ期間」(手七三)。
「やくてい」とも読んで、郵便関係の国際条約の標題に用いられる。例、「郵便送金業務に関する約定」(平一七条一七)。

[有斐閣 法律用語辞典 第4版]
 

契約

相対立する二つ以上の意思表示の合致(合意)によって成立する法律行為。同じく意思表示を要素とする法律行為であっても複数の意思表示からなる点で単独行為と異なり、相対立する意思表示からなる点で合同行為と異なる。広義では、複数の意思表示によって成立する法律行為を広く指し、合同行為も含めていうことがある(例、組合契約(民六六七))。
[有斐閣 法律用語辞典 第4版]

売買契約

過量販売

過量販売とは,日常生活において通常必要とされる分量を著しく超える商品の売買契約をいいます(逐条解説第4条(消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)60頁参照)。

 

金融消費貸借契約

営業的金銭消費貸借

営業的金銭消費貸借とは,債権者が業として行う金銭を目的とする消費貸借をいいます(利息制限法5条1号)。

劣後特約付金銭消費貸借

劣後特約付金銭消費貸借とは,元利金の支払について劣後的内容を有する特約が付された金銭の消費貸借であつて、金融機関又は銀行持株会社等の自己資本の充実に資するものとして政令で定める金銭の消費貸借に該当するものいいます(預金保険法2条8項)。

委任契約

任意後見契約

任意後見契約とは,委任者が、受任者に対し、精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な状況における自己の生活、療養看護及び財産の管理に関する事務の全部又は一部を委託し、その委託に係る事務について代理権を付与する委任契約であって、第四条第一項の規定により任意後見監督人が選任された時からその効力を生ずる旨の定めのあるものをいいます(任意後見契約に関する法律2条1号)。

労働契約

有期労働契約

有期労働契約とは,期間の定めのある労働契約をいいます(労働契約法17条1項)。

組合契約

有限責任事業組合契約

有限責任事業組合契約とは、個人又は法人が出資して、それぞれの出資の価額を責任の限度として共同で営利を目的とする事業を営むことを約する契約をいいます(有限責任事業組合契約に関する法律3条1項)。有限責任事業組合契約は,各当事者がそれぞれの出資に係る払込み又は給付の全部を履行することによって、その効力を生じます(同項)。

融資枠契約

融資枠契約とは、一定の期間及び融資の極度額の限度内において、当事者の一方の意思表示により当事者間において当事者の一方を借主として金銭を目的とする消費貸借を成立させることができる権利を相手方が当事者の一方に付与し、当事者の一方がこれに対して手数料を支払うことを約する契約をいいます(特定融資枠契約に関する法律2条1項柱書参照)。

仮登記担保契約

仮登記担保契約とは,金銭債務を担保するため、その不履行があるときは債権者に債務者又は第三者に属する所有権その他の権利の移転等をすることを目的としてされた代物弁済の予約、停止条件付代物弁済契約その他の契約で、その契約による権利について仮登記又は仮登録のできるものをいいます(仮登記担保契約に関する法律1条)。

信託契約

信託契約とは,特定の者との間で、当該特定の者に対し財産の譲渡、担保権の設定その他の財産の処分をする旨並びに当該特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべき旨の契約をいいます(信託法3条1号)。

下請契約

下請契約とは、建設工事を他の者から請け負った建設業を営む者と他の建設業を営む者との間で当該建設工事の全部又は一部について締結される請負契約をいいます(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律2条10項)。

保険契約

保険契約とは,保険契約、共済契約その他いかなる名称であるかを問わず、当事者の一方が一定の事由が生じたことを条件として財産上の給付(生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては、金銭の支払に限る。以下「保険給付」という。)を行うことを約し、相手方がこれに対して当該一定の事由の発生の可能性に応じたものとして保険料(共済掛金を含む。以下同じ。)を支払うことを約する契約をいいます(保険法2条1号)。

損害保険契約

損害保険契約とは,保険契約のうち、保険者が一定の偶然の事故によって生ずることのある損害をてん補することを約するものをいいます(保険法2条6号)。

 

傷害疾病損害保険契約

傷害疾病損害保険契約とは,損害保険契約のうち、保険者が人の傷害疾病によって生ずることのある損害(当該傷害疾病が生じた者が受けるものに限る。)をてん補することを約するものをいいます(保険法2条7号)。

生命保険契約

生命保険契約とは,保険契約のうち、保険者が人の生存又は死亡に関し一定の保険給付を行うことを約するもの(傷害疾病定額保険契約に該当するものを除く。)をいいます(保険法2条8号)。

傷害疾病定額保険契約

傷害疾病定額保険契約とは,保険契約のうち、保険者が人の傷害疾病に基づき一定の保険給付を行うことを約するものをいいます(保険法2条9号)。

登録美術品公開契約

登録美術品公開契約とは,登録美術品の所有者が美術館の設置者に対して登録美術品を引き渡すことを約し、美術館の設置者が美術館において当該登録美術品を公開することを約する契約であって、次の要件を満たすものをいいます(美術品の美術館における公開の促進に関する法律2条4号)。

イ 五年以上の期間にわたって有効であること。

ロ 当事者が解約の申入れをすることができない旨の定めがあること。

消費者契約

消費者契約とは、消費者事業者との間で締結される契約をいいます(消費者契約法2条3項)。

消費者契約

消費者契約とは、消費者と事業者との間で締結される契約(労働契約を除く。)をいいます(法の適用に関する通則法11条)。

電子消費者契約

電子消費者契約とは、消費者と事業者との間で電磁的方法により電子計算機の映像面を介して締結される契約であって、事業者又はその委託を受けた者が当該映像面に表示する手続に従って消費者がその使用する電子計算機を用いて送信することによってその申込み又はその承諾の意思表示を行うものをいいます(電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律2条1項)

公契約

公契約とは,国又は独立行政法人等を当事者の一方とする契約で国又は独立行政法人等以外の者のする工事の完成若しくは作業その他の役務の給付又は物品の納入に対し国又は独立行政法人等が対価の支払をすべきものをいいます(国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律10条1項)。

保険契約

保険契約とは,保険契約、共済契約その他いかなる名称であるかを問わず、当事者の一方が一定の事由が生じたことを条件として財産上の給付(生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては、金銭の支払に限る。以下「保険給付」という。)を行うことを約し、相手方がこれに対して当該一定の事由の発生の可能性に応じたものとして保険料(共済掛金を含む。以下同じ。)を支払うことを約する契約をいいます(保険法2条1号)。

損害保険契約

損害保険契約とは,保険契約のうち、保険者が一定の偶然の事故によって生ずることのある損害をてん補することを約するものをいいます(保険法2条6号)。

 

傷害疾病損害保険契約

傷害疾病損害保険契約とは,損害保険契約のうち、保険者が人の傷害疾病によって生ずることのある損害(当該傷害疾病が生じた者が受けるものに限る。)をてん補することを約するものをいいます(保険法2条7号)。

生命保険契約

生命保険契約とは,保険契約のうち、保険者が人の生存又は死亡に関し一定の保険給付を行うことを約するもの(傷害疾病定額保険契約に該当するものを除く。)をいいます(保険法2条8号)。

傷害疾病定額保険契約

傷害疾病定額保険契約とは,保険契約のうち、保険者が人の傷害疾病に基づき一定の保険給付を行うことを約するものをいいます(保険法2条9号)。

森林保険契約

森林保険契約とは、国立研究開発法人森林研究・整備機構が森林につき保険事故によって生ずることのある損害を塡補することを約し、保険契約者がこれに対して保険料を支払うことを約する契約をいいます(森林保険法2条2項)。

消防団員等公務災害補償責任共済契約

消防団員等公務災害補償責任共済契約とは、市町村又は水害予防組合が、この法律の定めるところにより消防団員等公務災害補償等共済基金又は指定法人に掛金を支払うことを約し、当該基金又は当該指定法人が、当該市町村又は当該水害予防組合が支払責任を負う消防団員等公務災害補償に関し、当該市町村又は当該水害予防組合に対して、この法律の定めるところにより当該消防団員等公務災害補償に係る非常勤消防団員、消防作業従事者、救急業務協力者、非常勤の水防団長若しくは水防団員、水防従事者又は応急措置従事者に係る療養補償、休業補償、傷病補償年金、障害補償、介護補償、遺族補償又は葬祭補償に要する経費を支払うことを約する契約をいいます(消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律2条1項)。

消防団員退職報償金支給責任共済契約

消防団員退職報償金支給責任共済契約とは、市町村が、この法律の定めるところにより基金又は指定法人に掛金を支払うことを約し、当該基金又は当該指定法人が、当該市町村が支払責任を負う消防団員退職報償金の支給に関し、当該市町村に対して、この法律の定めるところにより当該消防団員退職報償金の支給に要する経費を支払うことを約する契約

をいいます(消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律2条2項)。

​1.図解六法

​2.定義集

​左上のメニューからご利用ください。

4.法曹養成制度

法曹養成制度に関して

 「法曹養成制度改革」のまとめ

 1.法科大学院制度に関して

  「法科大学院制度」のまとめ

 

​ 2.司法試験制度に関して

  「司法試験制度」のまとめ

​​   平成29年司法試験 問題と結果

   出題趣旨と採点実感の一覧

 3.司法修習制度に関して

  「司法修習制度」のまとめ

5.参考文献集・サイト集

 

 1.法令と参考文献

 

  司法試験用法文登載法令と参考文献

  その他法令と参考文献

 2.テーマ別参考文献

  テーマ別参考文献集

​ 3.その他法律情報提供サイト

  法律情報提供サイトの一覧

  参考サイト

  • Twitter Social Icon

©2017-2020 図解六法.